何とかならんか?」

​「山の竹、

この一言が、

竹あかりのはじまり

山が育み守る、麻機の豊かな自然

静岡県静岡市葵区の北に位置する麻機地区が「アカリノワ」の拠点です。北・東・西は山々に囲まれており、山の水が集まる中央部は自然再生推進法事業地・麻機遊水池、生命にぎわう『わ(環・和・輪)』となっており、貴重な植物・鳥・昆虫などが生息する日本有数の自然環境を有しています。

麻機地区は竹林が多く、よく管理された竹林は竹の根が張り巡らされており、地震に対しては優れた防災効果をもたらすと言われています。

竹林の再生は、自然再生への道

放置された竹林は、地根を張る力が弱まるために地盤が緩み、土砂崩れの心配緑のダム機能の低下の恐れがあるだけでなく、生物の多様性低下を招くと言われています。 

また、竹林の手入れが不十分になると、倒壊した枯竹で水路が塞がれて氾濫する恐れがあります。実際にアカリノワ代表者・大村宅近くの水路に、倒壊した枯竹が詰まり、川が氾濫してしまったこともあります。

竹あかり 最初の一歩

美しさの探求

誰も見てくれない、竹あかり。なぜ?

竹林の再生には「竹を伐採し、竹を使う活動」が必要です。さらに言えば、その「活動を継続する」ことが必要です。竹利用の題材として選んだのが竹あかりでした。

幸い、林業を営んでいましたので竹の伐採はできました。

しかし、竹に穴をあけてアカリを灯して飾ってみても、私たちの竹あかりに足を止めて見てくれる人はいませんでした。

「必要とされない竹あかり」では活動は継続できません。​

竹あかりという芸術の探求

「なぜ、私たちの竹あかりは見てもらえないのだろう?」考え抜いた結論は「感動する美しい竹あかりを作ろう!」でした。人を感動させる芸術について勉強し、測量技術を応用した緩和曲線・数列を用いて竹あかりの美しさを探求しました。

少しずつ、竹あかりの美しさを実感していただけるようになり、現在では国宝 久能山東照宮に竹あかりで空間演出するような機会をいただいています。

​自然循環型事業へ

土に還る竹

しずてつストア・田んぼプロジェクト

竹炭となり土を肥やす、竹あかり

私たちの故郷の山で生まれた竹は、美しい竹あかりとなり、人々に自然の大切さを伝え、最後は竹炭や竹チップとなり、田畑の土を肥やしてくれます。​

​竹あかりは自然循環型の事業として行われています。

環・和・輪を後世に伝える事業

アカリノワ「環・和・輪」は竹あかりの制作を通じて、良好な生態系(環)里地里山での人と自然の共生(和)、そして周辺の自然とつながり(輪)を取り戻し、後世に伝えることを目的に活動しています。

ストーリー-山々と田んぼ-配布版.jpg

竹あかりから始まる

自然の再生

株式会社 大測

〒420-0961 静岡市葵区北4丁目31番13号

  • アカリノワ 公式Facebookページ